大人の趣味~レーシングシミュレータ、自転車、釣りなど~

2nd MAGAZINE

ライフスタイル 旅行記

サムイ島旅行記4日目:おすすめのタオ島ナンユアン島ツアーに参加

サムイに行ったら必ず行っておきたいタオ島

ツアーガイド情報などにもよく紹介されているのがこのポイントからの写真です。この展望ポイントまで少し山を登らなければいけませんが、なかなかの絶景でした。

タオ島に出発

朝、8時20分にガイドさんに迎えに来てもらい、いざ出発!

ホテルから10分ほどで港に到着。

高速艇に乗る桟橋です。こういう所もいちいち絵になります。

ここからタオ島まで高速艇で1時間強。

酔い止めを飲んでいたのですが、船のスピードが速いため酔うような揺れ方はしません。

タオ島に到着

 

海も砂浜も段違いにキレイです。

写真だとあまりそう見えませんが、砂は本当に真っ白、海も本当にエメラルドグリーンに光り輝いています。美しすぎます。

白い砂浜が眩しすぎて目を開けていられません。

まさにここは地上の楽園といっていいかもしれません。

だけど暑い!

日陰はいいんだけど、日の当たるところにいると楽園とはいえなくなります。

やはり、見て美しいものというのは遠くから眺めてるのが一番なのかもしれませんね。

タオ島のレストラン

吉ww

しかし、タトゥーを入れてる外国人多いですね。チャウエンにタトゥーのお店が多いのも頷けます。

ビーチでシュノーケリング

このツアーでは、シュノーケリングセットを貸してもらえます。

子供たちは昼食もそこそこに早速エメラルドグリーンの海へと旅立っていきました。

僕はというと、レストラン横に備え付けられたバーでビールを飲みながらリラックスしてました。

再び船に乗ってナンユアン島へ移動

お次はナンユアン島です。

実は、タオ島が終わったらそのままサムイ島に帰るのかと思ってました。笑

船が出発してすぐにナンユアン島に到着したらしいことに気づいたときは、「えー」はやく帰りたかったのに・・・的な考えがよぎっていました。

ナンユアン島の海岸は岩場になっていて、ギリギリまで水深数メートルはあろうかという深さがあるため、島に上陸することはできません。そのため、船からそのままダイブしてシュノーケリングを楽しむというスタイルになっています。

ちょっと面白そうだな。。。海には入らないつもりでいましたが、水深もあるし船から直接ダイブするというのが面白そうだったので入ることにしました。

いざダイブ!

結構深いです。10mくらいの深さはありそう。

このくらい深いところでシュノーケリングするのは初めてでしたが、ライフジャケットを着ているので全く不安はありません。

海の中を覗いてみてびっくり!!なんと、眼下はサンゴ礁の森でした。

そこを縦横無尽に泳ぐ沢山の魚たち。そこにはNHKの特集なんかでしか見たことがない海の世界が広がっていました。

すげーーーー!

約1時間の遊泳を楽しみ。船に帰還。

船に上がるとクルーがシャワーで体を洗い流してくれます。

期待以上に楽しめたツアーになりました。

人気

1

ベストケンコーのバイアグラ・ジェネリック100mg(シログラ) ↑僕が現在定期購入しているおすすめのED薬はこちら まとめ買いだと価格は1錠156.5円~という驚異的な安さです!   シログ ...

2

思春期を迎えた子供からの要望もあって家庭用レーザー脱毛器を購入しました。 ↓こちら 本格派家庭用脱毛器・家庭用美容レーザー【トリアビューティー】 僕自身も、自分の髭や足などに使いたいと思っていたので、 ...

3

こんにちは。 会社の同僚に80万かけて自宅にレーシングシミュレーター作ったと言ったら、目を丸くして驚かれました。 ゲームにそんなお金かけるなんて信じられない!?だそうです。。。笑 そんな同僚がある日、 ...

-ライフスタイル, 旅行記

Copyright© 2nd MAGAZINE , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.